« 年賀状作成 | メイン | 人には言えない大事件 »

医師免許

緊急医療センターに行ったときのこと。
娘が歯が痛くなってしまい、夜中に行ったのですが緊急センターには歯科医はいませんでした。
そこで応急処置として詰めてあったものを取り除いたのが外科医でした。
ふと思ったのですが、医師免許には自分の専門の科などは記載されていないということは過去に聞いたことはありましたが、この外科医の応急処置で、なんとか痛みは引きました。しかし後から考えてみると、たまたまうまくいっただけで他の処置をされていたらどうなっていたのかと怖くなってしまいました。
後に話を聞いてみると、医師であるのならどの科をみてもよいということ、考えをかえればどの科でもみることがきなければいけないということらしいのです。
こうした緊急時に医師がいたとしても、まったく手当てが出来ないというのでは困ってしまうということでしょうか。
確かに私が娘を連れていって、医師がいるのに何も出来ないといわれてしまったら親の私が困ってしまいますし、娘は痛みに耐えることしかできませんものね。
私の中で勝手に思っていた医師免許でしたが、実はこうなのだと知ると納得はいきました。
医師の悩みもわかりますが患者の困惑もわかってほしいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.freedomjam.net/mt3/mt-tb.cgi/30

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2014年11月27日 16:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「年賀状作成」です。

次の投稿は「人には言えない大事件」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38